二匹のキジ猫との暮らし。


by iiotoko-site
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

真夜中の弥次さん喜多さん

宮藤官九郎監督作品「真夜中の弥次さん喜多さん」を観た。

初っ端から「?」マークがいっぱい頭の中に連発する。
喜多さんのちょんまげは金髪だし。ヤク中だし。二人はホモだし。
お伊勢参りにいくのにバイクで高速道路を走っているし。

何処が面白いのかわから~んと思いながらいつの間にか大笑いしている…。

竹内力さんが出てきたあたりで気がつくと
もうすっかりクドカンのペースにハマっていた。
しかし、まぁ…・これがクドカンのオソロシさだろうか。

私的には喜び組の次郎長と歌の宿のぐっさんと
王の宿のアーサー王がウケたかな…。
プラス松尾スズキさんのヒゲのおいらん。
さりげなく梅図かずおさんもいましたね~。

でも、ハリウッド進出って大丈夫?

米国配給側のメディアブラスターズのジョン・シラベラ社長が同席し、
米国で和製ホラーなどが人気であることを指摘した上で
「今度は(日本の)コメディーがいろんな人を刺激すると思う。
『弥次喜多』はグレート。何といってもストーリーがおもしろく、
笑いが止まらなかった」と絶賛した。


…と言っても…其処まではさすがに心配。
[PR]
by iiotoko-site | 2005-10-12 17:34 | レビュー