二匹のキジ猫との暮らし。


by iiotoko-site
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:レビュー( 2 )

『冬ソナ』

今ごろになって「冬ソナ」見はじめた。
去年の暮れに字幕で放送されたものを
HDDに撮りだめしてあったのだが、HDDの空きが少くなったので
見ないまま削除しようか思いつつ、字幕版ならと見始めて
1話目見たら…全部見ようかという気になってきた。

最近、右を向いても左を向いても韓流ドラマばかりで
いいかげん食傷気味だったが、さすがにあれだけ人気が出ただけあって
いわゆるラブストーリーの王道を行っている。

出生に絡んだ秘密をもっている翳のある転校生。
いつしかヒロインと恋に落ちるが事故にあって記憶喪失。
ヒロインは彼が事故で死んだと思い込み10年後に幼馴染と婚約。
すると死んだはずの男とそっくりの男が目の前に現れる…。

まさに完璧なラブストーリーのお手本みたいなドラマ。

しかし、あんまりパターンにハマッているので
そういうのが苦手な人にはお勧めしない。

バシッバシッ突っ込み入れまくりながら見たいならそれも良いが…。

突っ込みといえば一つだけ。
いくらなんでも場違いなヨン様の服装!!
いったい何本マフラーもってるんだミニョンさん!

しかし、しかし… 主人公がヨン様じゃなかったら…。
もしチャン・ドンゴンさんだったら…
私も「冬ソナ」にハマッたかもしれない。

ただ、おそらくチャン・ドンゴンさんだったら
ここまでおば様たちにはウケはしなかっただろう。

だからこそ、私はチャン・ドンゴンさんが好きなのだけど…。
[PR]
by iiotoko-site | 2005-11-07 14:20 | レビュー
宮藤官九郎監督作品「真夜中の弥次さん喜多さん」を観た。

初っ端から「?」マークがいっぱい頭の中に連発する。
喜多さんのちょんまげは金髪だし。ヤク中だし。二人はホモだし。
お伊勢参りにいくのにバイクで高速道路を走っているし。

何処が面白いのかわから~んと思いながらいつの間にか大笑いしている…。

竹内力さんが出てきたあたりで気がつくと
もうすっかりクドカンのペースにハマっていた。
しかし、まぁ…・これがクドカンのオソロシさだろうか。

私的には喜び組の次郎長と歌の宿のぐっさんと
王の宿のアーサー王がウケたかな…。
プラス松尾スズキさんのヒゲのおいらん。
さりげなく梅図かずおさんもいましたね~。

でも、ハリウッド進出って大丈夫?

米国配給側のメディアブラスターズのジョン・シラベラ社長が同席し、
米国で和製ホラーなどが人気であることを指摘した上で
「今度は(日本の)コメディーがいろんな人を刺激すると思う。
『弥次喜多』はグレート。何といってもストーリーがおもしろく、
笑いが止まらなかった」と絶賛した。


…と言っても…其処まではさすがに心配。
[PR]
by iiotoko-site | 2005-10-12 17:34 | レビュー