二匹のキジ猫との暮らし。


by iiotoko-site
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

宮藤官九郎監督作品「真夜中の弥次さん喜多さん」を観た。

初っ端から「?」マークがいっぱい頭の中に連発する。
喜多さんのちょんまげは金髪だし。ヤク中だし。二人はホモだし。
お伊勢参りにいくのにバイクで高速道路を走っているし。

何処が面白いのかわから~んと思いながらいつの間にか大笑いしている…。

竹内力さんが出てきたあたりで気がつくと
もうすっかりクドカンのペースにハマっていた。
しかし、まぁ…・これがクドカンのオソロシさだろうか。

私的には喜び組の次郎長と歌の宿のぐっさんと
王の宿のアーサー王がウケたかな…。
プラス松尾スズキさんのヒゲのおいらん。
さりげなく梅図かずおさんもいましたね~。

でも、ハリウッド進出って大丈夫?

米国配給側のメディアブラスターズのジョン・シラベラ社長が同席し、
米国で和製ホラーなどが人気であることを指摘した上で
「今度は(日本の)コメディーがいろんな人を刺激すると思う。
『弥次喜多』はグレート。何といってもストーリーがおもしろく、
笑いが止まらなかった」と絶賛した。


…と言っても…其処まではさすがに心配。
[PR]
by iiotoko-site | 2005-10-12 17:34 | レビュー
先日、離婚後離れてくらす娘を父親が誘拐し逮捕される事件があった。

経済力はなくてもたいてい子供の親権は母親が獲得するらしい。
たしかに私も万が一離婚したとしても子供は渡さないだろう。

以前やっていた草薙剛さんのドラマのように
父親が子供を死ぬほど愛している場合もある。

それでも母親が親権を持った場合、
父親は数えるほどしか子供に会えなくなる。

我が愛するジョニー・デップがそんなことになったら
さきの父親のように子供を誘拐して逮捕されてしまうに違いない。

昔読んだ本にジョニーがまだ若い頃、
赤ちゃんの突然死が心配で
生まれたての姉の子の小さな指をじっと握って
いつまでもよりそっていたというエピソードが載っていた。

甥や姪でさえそうならば、わが子に対する愛情は言わずもがなである。

ジョニーが一人の女のものになるのは忍びないが、
子供に会せてもらえない不幸な男にだけはなって欲しくないので
ちょっとくらいマイホームパパでも目をつぶることにしょう・・・。
[PR]
by iiotoko-site | 2005-10-09 00:25 | イイ男な話。
私は東京生まれの東京育ちだが
両親とも関西出身ということもあり
小さい頃から阪神ファンである。

家が近所の野球友達は、巨人ファンだったので
よく一緒に後楽園球場や神宮球場に足を運んだ。

今はどうかしらないが、当時は選手が球場入りする時
王さんや長島さんのような大物選手にさえ気軽に声がかけられた。

いつものように選手が来るのを待っていると、
王さんがやってきたので私達は元気よく
「おはようございますっ!」と声をかけた。

王さんは「えっ何?あぁ…おはよう」と丁寧に挨拶を返してくださった。

しばらくして今度は長島さんがやってきた。
私達は同様に声をかけた。するとやっぱり
「OH~モーニング!モーニング!」と実にらしい挨拶で去って行かれた。

これは、いまさらながらに愉快なエピソードである。

しかし、私は阪神ファンのくせに個人的には巨人の高田繁さんが好きだった。
当時、高田選手は、我家の近所のマンションに住んでおられたのだが
近いうちに引越しされるというのを小耳に挟み、
会えたら渡そうとプレゼントを常に持ち歩いていた。

ある日、高田選手のマンションの前を通りかかると
高田選手が車から降りてこられたので、
持っていたプレゼントをめでたく渡すことが出来た。

私はこのように何人もの憧れの人に出会えている。
いまさらながらに幸運な人生だなぁと思うのである。
[PR]
by iiotoko-site | 2005-10-07 11:33 | イイ男な話。